サイトマップ

葉山の注文住宅メーカーまとめ

青い海の街に絶対移住したい!注文住宅ガイド【葉山編】 » 移住する前に知っておきたい葉山の住宅事情 » 何も考えずに土地を購入すると失敗する!?葉山の住宅規制

何も考えずに土地を購入すると失敗する!?葉山の住宅規制

由緒ある高級住宅地である葉山には、町の景観を守るために厳しい住宅規制が設けられています。

この規制を知らずに土地を購入すると、思ったような家を建てられずガッカリする可能性があります。きちんと事前に知識を身につけておきましょう。

斜面地における建築物の建築制限制度

葉山では、斜面地における建築物の建築制限制度が設けられています。これは、平成18年7月に施行された「葉山町建築物の構造の制限及び地盤面の設定に関する条例」によるものです。

建築制限の内容について

この条例で定められている建築物の構造に関する制限は、「建築物が周囲の地面と接する位置のうち、もっとも低い位置から上部の階数」における制限。

この階数ですが、第1種低層住居専用地域では3、第2種中高層住居専用地域及び第1種住居地域においては4を超えてはならないとされています。

条例に違反した場合の罰則

この条例には罰則も設けられています。先で述べた規定に反した場合は該当する建築物の設計者(設計図を用いずに施行、または設計図に従わずに工事を施工した場合、該当する建築物の工事施工者)は、50万円以下の罰金の対象となります。

葉山町における建築基準法による高さ制限等について

葉山町では町の景観を守るため、建築基準法による高さ制限を設けています。

高さの制限内容について

用途地域によって制限される建物の高さは異なりますが、第1種低層住居専用地域では最高高さ制限が10m、第2種中高層住居専用地域・第1種住居地域では12m(1種)、近隣商業地域においては15m(2種)となっています。

住宅地のほとんどで高さ制限が設けられている葉山で家を作るには、最初の土地選びが非常に重要となります。

土地を購入してから「思ったような家が建てられない」などということがないよう、土地や制度を熟知した業者を選ぶようにしましょう。

葉山町の地区計画のあるところ

葉山町では、地区計画によって「この土地はこれ以上小さく分割してはいけない」という制限を設けているところがあります。

都市計画は法律ではありませんが、違反をすると葉山町が建築確認申請を受け付けてくれないため、家を建てることはできません。

以下に、葉山町の都市計画を一覧で紹介しますので、チェックしておいてください。

イトーピア葉山 630戸(200平米 以下分割不可)
パークド四季 358戸(200平米 以下分割不可)
一色ガ丘団地 39戸(230平米 以下分割不可)
東伏見台 239戸(260平米 以下分割不可)
一色上原 358戸(200平米 以下分割不可)
湘南国際村 1,900平米 以下分割不可

移住する前に
知っておきたい
葉山の住宅事情を
もっと見る

STEPごとに相談したい
葉山でおすすめの注文住宅会社

   
葉山住宅イメージ

都会の喧騒を離れて自分らしいライフスタイルを葉山で送りたい人のために、移住向けおすすめエリアをご紹介します!趣味にこわだるもよし、食にこだわるのもよし、景観にこだわるのもよし。土地相場も併せて掲載しましたので、ぜひ参考にしてみてください!

詳細はこちら