サイトマップ

葉山の注文住宅メーカーまとめ

青い海の街に絶対移住したい!注文住宅ガイド【葉山編】 » 移住する前に知っておきたい葉山の住宅事情 » 3階建ては無理?葉山の高度地区の指定とは?

3階建ては無理?葉山の高度地区の指定とは?

葉山の高度地区とは、用途地域内における市街地の環境維持・土地利用の推進を図るため、建築物の高さの最高限度または最低限度が定められている地域のこと。

この高度地区における建築物の高さは、指定された内容に適合している必要があるため、きちんと情報を知っておきましょう。

高度地区の内容

葉山における高度地区の内容についてまとめてみました。

建築物の高さの最高限度

指定区域

高度地区指定区域

高度地区指定区域図

海岸沿いはほぼすべて高さ制限があるエリア。規制区外は西部の山間部だけあり、東部の海岸沿いに住宅が集中しているのがわかります。

【コラム】高さ制限を
意識した土地選びが肝心

葉山町では、都市計画法に基づいた高度地区の指定を行っています。

山間部以外は第1種低層住居専用地域(10m以下)、第1種中高層住宅専用地域でほとんど占有されている葉山では、大部分のエリアがこの高度地区に該当します。

つまり、葉山で3階建ての注文住宅を建てるのは難しいため、ある程度の広さの土地を確保しないと十分な建坪を確保できないのです。

そのため、建蔽率40%の第1種低層居住専用地域を想定して土地選びを行うことが何よりも大切です。

地区計画のないエリアは
狙い目!

高度地区をはじめ、住居の建築などに厳しい規制がある葉山。

「これでは理想の家を建てられない…」と思うかもしれませんが、少子高齢化が進む「つつじヶ丘団地」などは地区計画外エリアとなっているため、新築ラッシュが続いているのです。

つまり、イメージ通りの新築の注文住宅を葉山で建てたいと思うなら、こういった地区計画外エリアが狙い目です。

こうしたエリアを探すなら、葉山で土地選びからサポートしてくれる、実績豊富な建築業者を選ぶと良いでしょう。

移住する前に
知っておきたい
葉山の住宅事情を
もっと見る

STEPごとに相談したい
葉山でおすすめの注文住宅会社

   
葉山住宅イメージ

都会の喧騒を離れて自分らしいライフスタイルを葉山で送りたい人のために、移住向けおすすめエリアをご紹介します!趣味にこわだるもよし、食にこだわるのもよし、景観にこだわるのもよし。土地相場も併せて掲載しましたので、ぜひ参考にしてみてください!

詳細はこちら